筋トレ・健康

うつ病休職を防ごう。公務員こそ筋トレしてストレス解消してほしい件

こんにちは!

僕は大学で働いて今年で6年になります。

大学で働きだして驚いたのは、精神を病んで休職してる人が結構いることです。

人事院は毎年国家公務員の休職者の数を公表しており、過去6年間の数字は以下画像のとおりです。


(出典)人事院HP

2017年は、全国で3841人もの国家公務員が「精神及び行動の障害により」休職をしています。

これはうつ病休職者の数と言ってもいいでしょう。

この数字以外にも精神的にギリギリのラインで頑張っている職員が数多くいることは容易に想像できます。明日は我が身ですよね。

皆さんは精神の健康を保つために、意識して続けていることはありますか?

僕は自分なりの健康法として『筋トレ』が1番かなと思っており、週2回のペースで続けています。

今回の記事では、筋トレが何故メンタルヘルスに効くのか、初心者は何から始めたら良いのかなどを解説します。

懸垂(チンニング)を効果的に行う方法を初心者向けに解説こんにちは! 僕は趣味の筋トレを週2回続けています。 https://sugublog.net/prevent-depres...

筋トレがメンタルヘルスに効く科学的な根拠を理解しよう

筋トレがうつ病予防に効くことは、科学的な根拠があります。

筋トレにより様々なホルモンが体の中で分泌されます。

  • 成長ホルモン
  • テストステロン
  • セロトニン
  • ドーパミン

この中でもテストステロンはとても重要で、血液中のテストステロン値が高い人は「挑戦的・攻撃的なマインド」を持ちやすいとされます。

つまり、テストステロンは前向きな精神を保つために重要なホルモンということですね。

経営者はテストステロン値が高い傾向があることは有名です。

なお、テストステロンは男性ホルモンの一種ですが女性にもあり、女性にとっても大切なホルモンです。

重要物質・テストステロンが減少する要因

テストステロンは以下のような要因によって減少することがわかっています。

  • 心身への過剰なストレス
  • 加齢

「最近、理由もないのになんとなく元気が出ないな・・・」

こんなことを感じる人はもしかしたらテストステロン値が下がっているのかもしれません。

筋トレをすることでテストステロンの分泌を促すことができ、うつ病の予防に役立ちます。

筋トレのモチベーションを高める本を読もう

「筋トレがうつ病予防になる」という理屈はなんとなくわかってもらえたかもしれません。

理屈はわかっても、実際に筋トレ始めるのは億劫だよ。

興味はあっても始められない人は筋トレのモチベーションを上げてくれる本を読むといいです。本の力で自分の背中を押してあげましょう。

 

僕自身、筋トレを継続的に始めるきっかけとなったのはこの本でした。

この本はタイトルにあるとおり、『筋トレが全てを解決してくれる』というテーマで書かれています。

大袈裟に聞こえるかもしれませんが、要は筋トレによって何事にも負けない精神を作ることができる、ということが主張されているわけです。

実際に筋トレすると、効果は感じやすいと思う。

一歩を踏み出すのに躊躇してしまう人はこういった本を読み、モチベーションをグッと高めると弾みがつくと思います。

筋トレするのにジムに通うべき?

筋トレは家でも腕立て伏せや腹筋くらいはできますが、やはり限界があり、設備の整ったジムで行うのが1番だと思います。

費用は掛かりますが、相応のメリットがあります。

最近はエニタイムフィットネスジョイフィット24など24時間営業のジムが増えています。家の近くにある人はこういったジムで始めるのがいいかもです。

僕はエニタイムもジョイフィット24も使ったことがありますが、どちらも充実した設備があるので、オススメです。

自治体が運営している体育館を使えるならそこが1番コスパがいいと思う。

公務員業界で働く身としては、費用対効果も意識してジムを選びたいところ。

ちなみに、どうしてもジムに通うのは難しいという人は、「プッシュアップバー」などの家での筋トレ効率を高める器具を準備するのもアリです。

初心者向けの筋トレメニューを紹介

筋トレを始められない理由として、

「どんなメニューをしたらいいかわからない・・・」

というのもあると思います。

メンタルヘルスを保つことを目的にした筋トレ、という前提に立つと

何でもいいから少し筋肉痛になるくらいの運動をしよう」というのが答えです。

とはいえ闇雲に筋トレするのも難しいですよね。

これから筋トレを始める方は大きい筋肉を重点的に鍛えるということを意識するといいと思います。

具体的には以下3メニューをされるといいと思います。

  1. 大胸筋を鍛えるメニュー
  2. 広背筋を鍛えるメニュー
  3. 大臀筋(お尻)、ハムストリング(太腿)を鍛えるメニュー

どこのジムにもあるマシンで行うことができます。

①大胸筋を鍛えるメニュー

1人で行う場合、「スミスマシン」という器具を使って下の動画で紹介されているようなベンチプレスを行うと安全です。

②広背筋を鍛えるメニュー

ラットプルダウンという背中の筋肉を鍛えるメニューです。

③大臀筋(お尻)、ハムストリング(太腿)を鍛えるメニュー

引き締まったお尻と足を作るメニュー。

以上の3種目は大きな筋肉を刺激することができ、1人で簡単にできます。初心者の方はこれらのメニューで始めてみると良いでしょう。

興味が出てきたら勉強して他のメニューも加えるといいと思います。

おわりに

うつ病予防には筋トレが必須、というわけではもちろんありません。

人それぞれのリフレッシュ方法があり、筋トレはその一つに過ぎません。

ただ筋トレの場合、科学的な根拠に裏付けされた効果があるものであることと、運動することで見た目も変わってくることがある意味一石二鳥なのでオススメなのは間違いないです。

うつ病予防で筋トレを始めた人が、今度は体を大きくすることに夢中になっていくということはよくありますね。

筋トレ初心者におすすめな『マイプロテイン』の買い方を解説。こんにちは! 日々のストレス発散を兼ねて筋トレをしています。 筋トレを効率よく進めるためには、プロテインが欠かせません。 ...

もし今後も健康で働いていくことに不安を感じている人がいたら、ぜひ筋トレを始めてみることを検討してもらえればなあと思いこの記事を書きました。

ムキムキのマッチョになる必要はありませんから、気軽にスタートしてみてほしいと思います。

それでは今回の記事は以上です。

こちらの記事も人気です

【新卒・転職希望者向け】国立大学事務として就職する方法3選